2017/09/16 11:00

池袋の手土産はコレ!三原堂「池ぶくろう最中」や「乱歩の蔵」がユニークでおいしい

池袋三原堂「池ぶくろう最中」「乱歩の蔵」「薯蕷饅頭」
池袋三原堂「池ぶくろう最中」「乱歩の蔵」「薯蕷饅頭」
東京・池袋を象徴する鳥、ふくろう。池袋を歩くと、いけふくろう像をはじめ様々なふくろうに出会いますよね。

駅から徒歩3分ほどの御菓子司 池袋三原堂では可愛らしい“ふくろうの和菓子”が販売されています。その名も「池ぶくろう最中」。

くりくりの目がなんとも愛らしい和菓子。ふくろうの姿に焼き上げた最中種に、小豆粒餡と求肥が入れられています。手のひらサイズで、手乗りインコならぬ“手乗りふくろう”のよう。2個ギフトボックス入りの価格は430円(税込、以下同じ)。

パリッと軽い口あたりの最中種の中には、ほどよく粒感の残った餡がぎっしり。香ばしさと、ホクホクした小豆の甘みが一体となった絶妙なおいしさです。さらに、もっちもちの伸び~る求肥がアクセント。小ぶりながらも満足感のある一品です。

同店にはそのほか、池袋ゆかりの文豪である江戸川乱歩先生にちなんだ商品もラインナップ。「乱歩の蔵」は、邸宅に残る土蔵にちなんで作られたというブッセ。チーズバターと杏ジャムの2種類が展開されています。価格は各190円。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を仕切る立場にたちやすい日。でも自分は表に出ないほうが吉...もっと見る >