2017/10/24 20:00

「人間失格」の読後感をコーヒーで味わえる?新開発の「飲める文庫」が気になりすぎる!

やなか珈琲店「飲める文庫」
やなか珈琲店「飲める文庫」
コーヒー豆専門のやなか珈琲店から、名作文学の“読後感”をイメージしたブレンドコーヒー「飲める文庫」が登場。ビーンパッケージ(豆のセット)として、10月27日「読書の日」より11月30日までの期間限定で販売されます。

やなか珈琲店のカップテスター(コーヒー豆の品質を見極め、味を検査する専門職)と、NECのAI(人工知能)が共同開発。文学作品に関する1万件以上のレビューをコーヒーの味覚指標(苦味、甘味、余韻、クリア感、飲みごたえ)に変換し、このデータをもとに作成されたレーダーチャートをレシピとして、各作品の読後感をコーヒーの味わいで再現してあるそうです。

対象の文学作品は、島崎藤村「若菜集」、太宰治「人間失格」、夏目漱石「吾輩は猫である」「こころ」「三四郎」、森鴎外「舞姫」の6作品。

●それぞれどんな味?
レーダーチャートによると、各作品の読後感と味の特徴は次のとおり。

「若菜集」はクリア感が高く、続いて飲みごたえがやや高く、苦味は低め。青春を思い出す、さわやかな酸味とクリアな味わいが楽しめるそう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家で好きなことに没頭しよう。ペットと遊べば時間を忘れそう。...もっと見る >