2017/11/07 20:00

【煮干好きしか読んじゃダメ】「すごい!煮干ラーメン凪」ってどれだけすごいの?--ガツンと煮干スープに絶品「漁師飯」を浸せ

「すごい!煮干ラーメン」は一杯につき60g以上の煮干(約20種類以上)が使用された一品
「すごい!煮干ラーメン」は一杯につき60g以上の煮干(約20種類以上)が使用された一品
先日、ネギたっぷりのラーメンを楽しんだ筆者。今度は煮干たっぷりなラーメンを発見したので食べてみることに。

やってきたのは「すごい!煮干ラーメン 凪 五反田西口店」。店外にかかげられたメニュー看板には「煮干が嫌いな方、ご遠慮ください。」との一文が。よほど“煮干感”に自信があるようだ。

注文したのは「すごい 煮干ラーメン(税込790円)」と「漁師飯(税込150円)」。煮干ラーメンは同じ値段で中盛(220g)、大盛(270g)に変更できるようだが今回は並盛で。その他、煮干の濃さやタレの量などのカスタムも全てデフォルトで頼んでみた。

5分ほどしてラーメンが到着すると同時に、ふわりと立ち上る煮干の香り。見た目からだとコッテリしてそうにも思えるが…?

キラッキラ輝くスープを一口、と同時にガツンと煮干の風味が舌全体に行き渡る。すっご!めっちゃ煮干!“極限まで煮干の味詰め込んでみました”ってくらいの煮干感。

もしこれがグルメ漫画だったならば、筆者の背景にはコマいっぱいにドバーンと大きな波が打ち寄せ、踊り狂う大量の煮干が描かれていたことだろう。それくらい強い煮干感。これが日本全国の漁場から届けられる煮干を吟味し、一杯につき60g以上の煮干(約20種類以上)を使用しているからこそ出せる味なのか…。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

好奇心のままに動きまわろう。興味のある所に顔を出すと、ワク...もっと見る >