2017/05/15 18:10

新開発された冷やしメニュー

5月12日放送の「スーパーJチャンネル」(テレビ朝日系、午後16時50分~)では、父と10歳の娘さんが2人で切り盛りしている食堂のゴールデンウィークに密着したコーナーの中で、「豊後屋」(東京都大田区)が紹介された。

同店は、大田区の大森で営業している食堂。
10歳になる少女が看板娘として父親が営業する同店を手伝っている。
こちらの看板メニューは、脂が載った新鮮なイワシに玉子と特製のタレをかけた「いわしユッケ丼定食」だ。元々は娘さんのために店主である父親が作ったまかない料理だったという。
もう1つのメニューとして、醤油ベースの豚骨スープとマグロの出汁を活かす形で開発された「たまちゃんラーメン」が紹介された。こちらは娘さんが自分で考えて誕生させた料理で、今では看板メニューの1つになる程の人気ぶりだという。
今回もまた娘さんが新しいメニュー作りに挑戦。店主の父からもお墨付きを得て完成したのは冷やしメニューの冷やしキツネとろろそば。店では鶏ゴボウ飯が付いてくる「冷やしキツネとろろそばセット」として提供されるとの事だ。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

お誘いが多く人気者になれる日。美的センスも冴えるので、華や...もっと見る >