2017/06/21 14:10

日本風にアレンジしたタパスが楽しめるお店

Catalan Spanish “Bikini TAPA”
Catalan Spanish “Bikini TAPA”
6月20日放送の「newsevery.」(日本テレビ系、午後15時50分~)では、スペイン料理「タパス」について特集した中で、寺田ちひろさんが「Catalan Spanish Bikini TAPA(カタランスパニッシュビキニタパ)」(東京都渋谷区)を訪れた。

お酒のおつまみとして、家庭や飲食店で親しまれるスペイン料理「タパス」。JR「渋谷駅」玉川口から徒歩2分のところにある同店では、料理を監修するシェフが考案した、新作の日本風タパスが楽しめる。

シェフが「オラ!」と言いながら、運んできたメニューは「ほたての鉄板焼きと玉ねぎのてんぷら ロメスコソース添え」(842円/税込み)だ。スペイン料理なのに、天ぷらのような香りがする一品だ。それを食べた寺田さんは、「玉ねぎの天ぷらです!ソースに酸味があるので、玉ねぎの甘さがしっかり引き立っています」とコメント。

こだわりは、酸味と香ばしさが特徴の、スペイン・カタルーニャ地方で古くから伝わる独自のソース“ロメスコソース”だ。トマト・ニンニク・パプリカをオーブンで焼いたもの、油で軽く揚げたアーモンドなどのナッツ類、さらにフランスパンも油で揚げる。一手間加えられたこれらの材料をミキサーに入れ、ヴィネガーを加えて液状になるまで細かく砕き、このソースが出来上がる。

再びソースを味見した寺田さんは、「ん!酸味があって、でも日本のお味噌のようなコクも感じられますね。」とコメントした。この「ほたての鉄板焼きと玉ねぎのてんぷら ロメスコソース添え」はディナータイムのみ、6月28日までの限定メニューとなっている。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

お誘いが多く人気者になれる日。美的センスも冴えるので、華や...もっと見る >