2017/06/23 14:10

“目黒のさんま”をいただけるお店

6月22日放送の「朝の!さんぽ道」(テレビ東京系、午前07時30分~)では、2017年“住みたい街、首都圏ランキング”で第2位になった目黒を散策した中で、金子貴俊さんが「目黒のさんま 菜の花」(東京都目黒区)を訪れた。

JR、東急目黒線「目黒駅」西口から徒歩2分の場所にある同店は、1年を通しておいしいさんまがいただける地元の名店だ。金子さんは、「こんにちは~、ごめんくださ~い!」とのれんをくぐった。同店は、この地で27年間営んでいるそうだ。金子さんが「目黒のさんまとは、どういうことなんですか?」とお店の方に聞いたところ、お殿様が「さんまは目黒に限る!」と言ったという落語のお話からきている、と教えてくれた。

カウンターに座り、「目黒のさんま定食」を渡された金子さんは「お~!!でかい~!」と笑顔になった。「いや~、脂が乗ってツヤがあって…」と嬉しそうだ。「真ん中から…」と箸を入れた金子さんは身を持ち上げ、「ホクホク。身も肉厚ですね。いただきまーす!」と口にすると「おいしい」と笑顔でコメントした。このメニューのさんまは、しっかりと脂が乗っており、焼き加減が絶妙だそうだ。さんまの皮が香ばしく、噛めば噛むほどさんまの旨みが楽しめるという。

同店では、さんまの“さん”にかけて、サイズは33センチ以上のさんまを仕入れる、というこだわりがある。気仙沼産の、脂が乗ったさんまは絶品だ。金子さんは、「やっぱ、目黒はさんまですよ。そりゃお殿様も『さんまは目黒だ』って言いますね」と和やかにコメントした。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの持つ感受性が注目される日。作品づくりをしてるなら発...もっと見る >