2017/06/29 11:10

夏越しごはんを食べて、1年の後半を清々しい気持ちでスタート!

6月28日放送の「みんなのニュース」(フジテレビ系、午後16時50分~)では、今話題の「夏越ごはん」を特集した中で、フジテレビアナウンサーの内田嶺衣奈さんが「ANGKASA(アンカサ)」(東京都渋谷区)を訪れた。

「夏越の祓」とは、毎年6月30日に行われている神事だ。大きな茅の輪をくぐり抜け、1年の前半のけがれを払い、残り半年の無病息災を願う。お米の行事食を普及させるために、日本の伝統的な行事と合わせ、開発された新しい行事食が“夏越ごはん”だ。夏越ごはんのポイントは夏野菜を使うこと、そして茅の輪をモチーフにすることだ。

東京メトロ日比谷線「恵比寿駅」3番口から徒歩2分の場所にあるインドネシア料理が楽しめる同店でも、話題の夏越ごはんがいただける。定番のナシゴレンをアレンジした「夏越ごはん」(1000円/税込)だ。試食をした内田さんは、「スパイスも効いていて、ナシゴレンの味はしっかりしているんですけれど、アボカドのやわらかさと合います」とコメントした。お店の方は、「お客さまから夏らしくていいね、という感想をいただいております」と微笑んだ。今、話題の行事食、“夏越ごはん”。6月30日においしくいただき、1年の後半をフレッシュな気持ちで始めたいものだ。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

身勝手にふるまってしまいそう。しばられたくなくても、場の調...もっと見る >