2017/07/10 12:10

テントの中で燻製される「テントバーガー」

7月8日放送の「ぶらり途中下車の旅」(日本テレビ系、午前09時25分~)では、小田急線で途中下車しながらぶらり旅した中で、舞の海秀平さんが「Bar・Shanks(バーシャンクス)」(東京都渋谷区)を訪れた。

小田急小田原線参宮橋駅から徒歩1分、ハンバーガーも人気だというバーだ。

注文したのは「テントバーガー」(648円)で、運ばれてきたのはハンバーガーと、小さなフライパン、中にはヒッコリと呼ばれる木のチップとローズマリーが入っている。店の方はヒッコリに火を入れると、テント状の紙袋を被せて燻製させ始めた。煙を数分間ハンバーガーにまとわせて完成するこちらの一皿、乗せている紙がテントの形なので、名前が「テントバーガー」なのだとか。
燻製の香りがついているシートにつつんだハンバーガーに、舞の海秀平さんは「うん、燻製のいい香りと」と香りを嗅ぎ、ひとくち頂いた。「うん、香りも良いし、イケますね」と満足気だ。「中の肉にもいい燻製の香りが絡んでいるような」と食べ進め、「ハンバーガーそのものも美味しいんですけど、香りですごく旨みが増しているような、面白いですね」とコメントした。

燻製に使用しているのは、クルミ科の燻製材ヒッコリとローズマリー。目の前で火を付けてテントをかぶせ、1~2分煙をまとわせると、素敵な香りのハンバーガーに生まれ変わるのだとか。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭を押さえつけられるような気分で、ややユウウツ。いつも通り...もっと見る >