2017/08/18 12:10

本場の点心師が作る熱々小籠包

8月17日放送の「じゅん散歩」(テレビ朝日系、午前09時55分~)では、東京都・都立大学周辺を散策した中で、「Hibusuma(ヒブスマ)」(東京都目黒区)が紹介された。

こちらのお店では、本場中国の調味料などを使った小籠包が看板メニュー。現地で修行した点心師が作る手作りの小籠包は、餡の量が多く皮が薄いのが特徴。旨味のつまったスープが閉じ込められていて、口に入れた途端に溢れ出てくる。

運ばれてきたのは「南翔小籠包」(780円)。高田純次さんはレンゲに一つ小籠包を載せると、おもむろに箸で穴を開けてそこから溢れ出るスープを啜った。少々熱がりながら「あー!良い味出してるね、汁が」とコメント。お店の方から調味料の使用を勧められても「やだ!もう少し吸いたい!」とスープに夢中だ。
スープに満足した高田純次さんは調味料をつけた「南翔小籠包」を一口で食べ、何度も熱さに口に空気を入れながら「あ~!おいしい~!あー!スープがうまいっ!」とコメントした。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

新しい人間関係を始めるのにいい日。社交センスもマナーもカン...もっと見る >