2017/08/31 13:10

銀座に居ながら味わえる 広島直送の新鮮魚介

かなわ
かなわ
8月30日放送の「よじごじDays」(テレビ東京系、午後15時40分~)では、銀座で全国の郷土料理を食べ歩く特集で、「銀座かなわ」(東京都中央区)が紹介された。

牡蠣をはじめとした広島本店直送の新鮮魚介をいただくことが出来るこちらのお店。

今回いただいたのは、「穴子飯」(2~3人前3,294円/税込)と広島湾の養殖真牡蠣と天然岩牡蠣、そして「かき船」(1,380円/税込)だ。

「穴子飯」は、熱湯で臭みを取り氷水でシメ、醤油・日本酒・みりん・砂糖の出汁で約30分煮込んだ穴子を土鍋で炊いたご飯の上に載せ、約10分蒸らして完成。穴子は、6月~9月は程よく脂がのっていておいしいのだとか。
一年物の牡蠣は特に身が引き締まり、食感と濃厚な味が楽しめる。
「かき船」は舟に見立てた昆布に入れた牡蠣のアヒージョに3年物の牡蠣の塩辛をたっぷりとまぶしてオーブンで表面を焼いた一品だ。

「穴子飯」を一口食べた内藤大助さんは「食べた瞬間ふわ~っと穴子の旨味が広がるね!あ、おいしい!」と笑顔に。
鈴木あきえさんは目を見開いて「お出汁の味が出てますね…。上品!穴子ふわっふわ!本当にふわっと、歯を通すとね、ほろっととろけちゃいます」とコメント。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家で好きなことに没頭しよう。ペットと遊べば時間を忘れそう。...もっと見る >