2017/09/04 15:10

琵琶湖が育む天然魚を味わう

郷土料理 住茂登
郷土料理 住茂登
9月2日放送の「朝だ!生です旅サラダ」(テレビ朝日系、午前08時00分~)では、滋賀県・長浜
市を旅した中で、「住茂登」(滋賀県長浜市)が紹介された。

こちらは名物の鮒ずしをはじめとして、琵琶湖で獲れた天然の食材を使った郷土料理のお店。
今回は「天然うなぎの白焼き」(3,132円)と「七本鎗・純米」(1,188円)、「天然ビワマスの親子丼」(2,376円)をいただいた。

「天然うなぎの白焼き」はその大きさが特徴の琵琶湖の天然うなぎをじっくりと焼き上げ余分な脂を落とした一品。主に小鮎を食べているこのうなぎは、臭みがなく大きい物だと長さ70cm重さ1kg以上になることもあるのだそう。
「七本鎗・純米」は、地元の米で作られたうなぎによく合う純米酒。
「天然ビワマスの親子丼」は琵琶湖に生息する鮭の仲間のビワマスの刺身を炊きたての近江米に盛り付け、ビワマスの玉子の醤油漬けをたっぷりとトッピングして完成だ。

「天然うなぎの白焼き」を頬張った勝俣州和さんは目を見開き親指を立て「うわうまーい!」と大興奮。「脂は豊富なんですけど、すごく綺麗な脂なんです。なによりも香りですね!(エサを聞いて)だからだ!鮎っていうのは香りを楽しむお魚だから、それを食べてるから余計良い香りが身体の中に蓄えられるんすね!」と納得した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

好奇心のままに動きまわろう。興味のある所に顔を出すと、ワク...もっと見る >

おすすめキャンペーン