2017/09/21 11:10

家庭で作ったような温かなおはぎが楽しめる

9月20日放送の「朝の!さんぽ道」(テレビ東京系、午前07時30分~)では、都電荒川線沿いを散策した中で、「甘味処 いっぷく亭」(東京都豊島区)が紹介された。

都電荒川線・庚申塚駅のホームと直結している甘味処。こちらには駅のホームを通らないと入ることが出来ない。
元々停留所と店の入口は繋がっておらず、現在も土地は別々の所有だ。ホームを広げたい都電と入口を直結させてお客をスムーズに誘導したいお店の考えが合致し、現在のような形になったのだそう。

名物だというジャンボサイズの「おはぎセット」(320円)を紫吹淳さんがいただいた。
こちらのおはぎは、北海道産の小豆を使用し、注文が入る度に温かい餅米で作っているのがこだわり。作り置きはしないという。

紫吹さんは「う~んっ!甘~いんだけど、さっぱりしてる。甘ったるくないですね。温かい。私温かいおはぎ初めていただいたかもしれない…。(自分の家で作らない限り温かいものはなかなか食べられないと聞いて)ですね、じゃあある意味、家庭の味ということですね」とコメントした。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人づきあいがキーとなる日。この人と思ったら、わかりあえるま...もっと見る >