2017/09/25 14:10

昭和にタイムスリップ!昔ながらのふっくらコッペパン

9月23日放送の「朝だ!生です旅サラダ」(テレビ朝日系、午前08時00分~)では、京葉線で東京の下町を巡る特集で、「ハト屋」(東京都墨田区)が紹介された。

京成押上線・京成曳舟駅出入口2から徒歩8分。こちらは商店街の中でも古い歴史を持つコッペパン屋だ。昭和22年製のガス窯を使い昔ながらの製法でコッペパンを焼き続け、先代からの味を守っている。店の外観も昭和にタイムスリップしたかのようなレトロ感が漂い、どこか懐かしい雰囲気だ。こちらで売られているのは「プレーン」「いちごジャム」「ピーナッツバター」の3種類のコッペパン。

三船美佳さんは、「コッペパン(ジャム・ピーナツ)」(各160円)のうち、果肉たっぷりの「いちごジャム」をいただいた。
大きな口でふっくらとしたコッペパンにかぶりついた三船さん。満面の笑顔で「わー!おいしい!」と頷き、「うん、いちごジャムの甘さとも合う!な~んか、落ち着く~」と嬉しそうにコメントした。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >