2017/10/10 15:10

砂肝のコリコリ食感が新鮮な尾道焼き

10月9日放送の「ノンストップ!」(フジテレビ系、午前09時50分~)では、レトロ新しい広島の秋旅を特集した中で、「まり」(広島県尾道市)が紹介された。

こちらは、JR山陽本線(岡山-下関)尾道駅から徒歩15分の場所にある、地元のお客さんに根強い人気を持つお好み焼き店。
「尾道焼き」(850円)を虻川美穂子さんと渡辺和洋さんがいただいた。

「尾道焼き」は、焼そば麺かうどんかをお客さんが選ぶことが出来るところまでは広島風お好み焼きと共通。
違いは、尾道焼きの場合具材に砂肝(広島弁でスナズリと呼ばれることも)と尾道名産品のイカ天が入り、生地に塗ったソースの上から溶き玉子をかけることだ。

広島風お好み焼きとの共通点や違いを聞き、「えーっ!そうなんですね、(広島風お好み焼きは)焼きそば麺のイメージありましたけど!」「砂肝が入ってるんですか!」とふたりはビックリ。

「尾道焼き」を一口食べた虻川さんは、「おいしーっ!」と目を見開いた。「コリッコリとした食感が、なんか、焼いてるのに…なんか」と言葉を探す虻川さんに頷くように「フレッシュな感じがしますよね」と続けた渡辺さん。
それに同意した虻川さんは、「お好み焼きには豚肉ってイメージがありましたが、このスナズリっていうのはものすごく合いますね~!おいしい!」と大絶賛した。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

不安から暴走してしまうかも。自分がダメだと思ったら、親しい...もっと見る >