2017/11/16 12:10

ピリ辛鍋の「岩木高原豚の担々麺」

11月15日放送の「よじごじDays」(テレビ東京系、午後15時40分~)では、青森県のご当地鍋を特集した中で、「ゐざかや・團」(青森県弘前市)が紹介された。同店は、弘南鉄道大鰐線中央弘前駅から徒歩5分ほどにある居酒屋だ。

坦々麺をヒントに開発されたという「岩木高原豚の担々麺」(1人前1,296円/税込み)は、弘前市産の岩木高原豚、シメジ、エノキ、ネギ、ニラ、ニンジン等、青森県産の食材にこだわった鍋だ。中でも、味の決め手となる肉味噌は、豚ひき肉、豆板醤、ショウガ、ネギを秘伝の割合でブレンドし辛さを抑えたものとなっており、ゴマの効いたスープとの相性もばっちりだ。熱々をいただいたリポーターは「最高だ!めちゃくちゃうまい!ひき肉と豚肉、どちらも豚同士なんですけど、調理の仕方が違うのでこの坦々のピリ辛スープにめちゃくちゃ合う。たまらない。もう最強鍋ですね」と大絶賛。〆には中華麺を投入し、自慢の肉味噌を追加でトッピングして食べるのがオススメだそうだ。こちらもいただき「最高にきまってるよね!このスープの味わいが全然違うかもしれない。お出汁一杯出てます。これ、普通の坦々麺しか出してないお店もこの坦々麺を出せばいいのに!ってぐらいです」と、その深い味わいに感嘆の様子だった。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >

おすすめキャンペーン