2017/11/28 14:10

馬肉をすき焼き風に食べる「桜なべロース」

11月27日放送の「Nスタ」(TBS系、午後15時49分~)では、偉人たちも愛した老舗の絶品グルメを特集した中で、「桜なべ・中江」(東京都台東区)が紹介された。

こちらは1905年(明治38年)に創業した東京の郷土料理「桜鍋」のお店。桜鍋とは馬肉をすき焼き風に食べる鍋料理で、馬肉は桜色の状態が食べ頃なのだとか。

番組では、「桜なべロース」(1人前2,480円)を紹介。馬肉は5年以上飼育されたお店専用の肉を使用し、余分な部分を丁寧に取り除いている。また、隠し味に代々受け継がれてきた甘味噌だれを加える事で肉の旨みを引き出している。TBSアナウンサーの日比麻音子さんは馬肉を溶き玉子に絡めて一口食べると、「うーん!柔らかくて口の中でホロホロと解けていきますね!噛めば噛むほど、この馬肉の甘味が口の中に広がりますね」とコメントした。

また、残った割り下に溶き玉子を入れ、ご飯に載せて食べる「あとごはん」(880円)もオススメ。この〆目当てにお店を訪れるお客さんも多いそうで、日比麻音子さんも「ぷるっぷるの半熟玉子!そして割り下がご飯にしっかり染みていて、お腹いっぱいでもこれはいけちゃいますね!」と絶賛していた。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ちょっとしたユーモアが幸運を招くカギ。まわりの人を笑わせて...もっと見る >