2018/01/05 12:10

大正時代のレシピを再現した「百年ライスカレー」

1月4日放送の「じゅん散歩」(テレビ朝日系、午前09時55分~)では、人気の観光地・栃木県日光市をお散歩しながら新旧の名物を探した中で、「クラフトラウンジ」(栃木県日光市)が紹介された。

こちらは1873年(明治6年)に外国人向けの宿泊施設として開業した日本最古のクラシックリゾートホテル「金谷ホテル」の本館1階にあるラウンジ。趣のある店内では、大正時代のレシピを再現した「百年ライスカレー(ビーフ)」(2,100円)などを味わう事が出来る。

お店を訪れた高田純次さんは「百年ライスカレー(ビーフ)」(2,100円)を頂く事に。明治時代に誕生し、いつしかメニューから消えていたカレーは、当時コース料理の一品だったのだそう。そのレシピが十数年前に敷地内の蔵から発見され、長い年月を越えて甦った。野菜とルーの仕込みを別々に行い、最後に合わせる事によって非常にマイルドな味に仕上がっているのが特長。

高田純次さんはルーをライスにかけて一口頂くと、「うん!ちょい甘の感じでね!」とコメント。スタッフから「例えるとどんな味ですか?」という問いかけに、「そうですね…ニューヨークでふと足元を見たら100ドル札が落ちていた。そんな感じだね」と返し、笑いを誘っていた。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

新しい人間関係が広がる日。趣味の習い事や勉強会がキッカケで...もっと見る >