2018/01/15 13:10

鉄鍋でいただく「鴨ネギ焼き」と「藁薫鴨しゃぶ」

1月13日放送の「ぶらり途中下車の旅」(日本テレビ系、午前09時25分~)では、青梅線・中央線で途中下車しながら、ぶらり旅した中で、「藁ウ鴨ニハ福来ル」(東京都武蔵野市)が紹介された。

京王井の頭線・吉祥寺駅の公園口・北口から3分ほど歩いたところにある同店は、鴨肉を使用したしゃぶしゃぶなどが楽しめるお店。

鴨のしゃぶしゃぶをいただく前に、鉄鍋で鴨肉とネギを焼く「鴨ネギ焼き」(1,280円/税込み)を食べると、鉄鍋の下に鴨の脂がたまり、そこにしゃぶしゃぶの出汁を入れることで、さらに鴨しゃぶが美味しくなるとのこと。
店員の説明を聞いた舞の海秀平さんはさっそく「鴨ネギ焼き」を注文。塩で味付けされた鴨肉とネギを鉄鍋で焼いて、宮崎県日向市で採れた柑橘系の「へべす」を使ったジュレと生胡椒の塩漬けの2種類の薬味でいただく一品。へべすのジュレを鴨肉の上にかけて食するとさっぱりとした味が楽しめ、生胡椒の塩漬けは鴨肉1枚に対して1粒を噛むと胡椒の香りが広がるのだとか。
焼きあがった鴨肉にへべすのジュレをのせて口に入れた舞の海秀平さんは「美味しいです。うん!中からジュワ~っと鴨のエキスが広がりますね」と絶賛。続いて生胡椒の塩漬けを1粒噛んでから鴨肉を食し胡椒の爽快感を楽しんだ後、焼いたネギを食して「ネギまで美味しくなっちゃいますね。この脂がそうさせてるんでしょうね」とコメントした。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

コミュニケーション運好調。オモシロそうな人を見つけたら、明...もっと見る >