2018/01/16 14:10

特製ルーと広島産のカキでいただく「カキカレー」

1月15日放送の「Nスタ」(TBS系、午後15時49分~)では、1,000円以下で楽しめる、愛情たっぷりの洋食グルメを特集したコーナーで、「KEN」(神奈川県横浜市青葉区)が紹介された。

同店は東急田園都市線の青葉台駅西口から徒歩5分ほどの場所にあり、ランチタイムの3時間だけ営業しているカレー専門店だ。

番組では、お店のメニューとして「カキカレー」(650円)が紹介された。
「カキカレー」は冬の1番人気でこの時期限定のメニュー。
このルーはフランス料理のダシであるフォンドボーを使用し玉ネギ・フルーツなどを入れて4~5日かけて煮込んだ特製のルーだ。これにかたくり粉をまぶして素揚げした広島産のカキを合わせて完成。このメニューは開店以来、28年間値上げしていないそうだ。

日比麻音子さんが「カキカレー」をいただくと「ジューシーでプリプリ!カキの香りとコクのあるルーがよく混ざり合っておいしいです。」とコメントした。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やや身動きがとりにくい日。腰は重いのに、理屈ばかり並べてい...もっと見る >