2018/02/05 12:10

麺にそば粉を入れたモチモチ食感の冷麺「きくらげ冷麺」

2月4日放送の「バナナマンのせっかくグルメ!」(TBS系、午後18時30分~)では、大分県別府市を訪れたら絶対に食べておきたい絶品グルメを探した旅の中で、「六盛・北浜店」(大分県別府市)が紹介された。

同店は西小倉から佐伯間を走るJR日豊本線の別府駅東口から徒歩3分ほどの場所にあるラーメン店だ。

番組では、お店のメニューとして「きくらげ冷麺・特盛」(1,150円/税込み)を紹介。
「きくらげ冷麺」はサイズが普通サイズ、大盛り、特盛りの中から選ぶことができるメニュー。この冷麺は別府冷麺ならではの3つの特徴があるラーメン。1つめの特徴は麺。この麺はそば粉を入れているそうだ。注文を受けてから製麺機で麺を作り小麦粉、でんぷん、そば粉で作った麺のもとを切り分けて製麺機にセットすると出来たての麺が完成する。2分ほど茹でた後にすぐに氷水でしめることでモチモチ食感となるそうだ。2つめの特徴はキムチ。キャベツキムチを使用するそうだ。3つめの特徴は牛チャーシューを使用することだそうだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >