2018/03/19 12:10

本場で修行したシェフの作るドイツパン

3月16日放送の「朝の!さんぽ道」(テレビ東京系、午前07時35分~)では、洗足池~大岡山にある桜の名所を探した中で、「ヒンメル」(東京都大田区)が紹介された。東急大井町線大岡山駅正面口から徒歩2分程にある同店は、ドイツで修行を積んだシェフの作ったドイツパンを中心に十数種類の生地を扱った様々なパンを提供しているベーカリー。ビールとも相性のいい「プレッツェル」(180円)やネズミの形をした「チューチュー」(120円)など30種類以上のパンが並んでいる。

「さくらあんぱん」(190円)は季節限定のメニュー、中は白餡が詰まっており、パンの真ん中には桜の花がトッピングされている。渡辺正行さんは一口頂いて「おいしい!ちょっとあの、塩味があって桜の香りがする」とコメント。「塩漬けしてあるんで、塩の味わいすると思います」というオーナーの話に耳を傾け、「おいしい、あっパンの生地もおいしい!」と続けた。

更に、お店のオススメとして紹介されたのは「クラプフェン・シナモン」(180円)、外はカリカリで中はしっとりふわふわのメニュー。出来たてを頂いた渡辺さんは「うわ、何これ、おいしい!」とカメラに笑顔を向け、「まわりがカリッとしてて、中はトロトロ、これはナンバー1になるわぁ。ホントにおいしい!これちょっとやみつきになるねぇ!」と絶賛した。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

仲のいい友達に囲まれて、平凡だけど幸せ気分。困っている人が...もっと見る >