2018/03/29 11:10

日本料理店が手掛ける和風パフェ

3月28日放送の「スッキリ」(日本テレビ系、午前08時00分~)では、最新の進化系パフェを特集したコーナーで、「廚・otona・くろぎ」(東京都台東区)が紹介された。

東京メトロ銀座線上野広小路駅から徒歩1分ほどにある同店は、日本料理店が手掛ける新業態の和カフェ。「おぜんざい」(1,300円)や「くろぎサンド」(2個1,100円)「上野の森まっちゃ」(1,700円)など季節の和菓子が味わえる。

レギュラーメニューの「黒みつきなこパフェ」(1,700円)は、このメニューのために作られた特注のグラスに寒天、わらび餅、きなこアイス、小豆あん、白玉、栗の甘露煮が詰まっている。真壁刀義さんは「うまいね。香りがきてからまた香りまた香りってどんどんネバーエンディングだね。(黒蜜に)これ、あいつ入ってんだろ?ラムってないか?香りがすごくいいもんね。和洋折衷だね」とコメント。

また、新作の「さくら木」(1,800円/4月1日から販売・試作品のため実際のものとは異なる場合があります)も紹介。桜のジュレ、わらび餅、桜ソフトクリーム、白玉、道明寺かん、桜の葉に塩気のある酒粕の入った特製ソースをかけて味わうパフェ。Ruiさんは「贅沢ですよ見た目から、金箔のってますから。うまいです。ひとつのパフェグラスの中に桜のソフトクリーム、桜のゼリー、桜の花が1つのパフェでお花見を表現しています。そんな素晴らしいパフェです」とコメントした。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ちょっとしたユーモアが幸運を招くカギ。まわりの人を笑わせて...もっと見る >