2018/04/06 11:00

専門家が提案、地味なお弁当の見た目を彩る“変化球レシピ”

 
引っ越しや子どもの進学、自分自身の復職など、新しい生活がはじまるこれからの季節。新生活への期待に胸をふくらませる半面、毎日の家事に、ある やっかい な存在が加わることに頭を悩ませている人も多いのでは。そう、お弁当作りという名の苦行が加わることに  。
 
そんな悩める主婦にとって心強い味方になりそうな一冊が『つくおきのじみべん』(光文社)だ。
 
「つくおき」とは、IT関連の会社にフルタイムで勤務する中でnozomiさんが考案した料理スタイルで、1週間分のおかずを週末にまとめて作り置きするというもの。もともと家事と仕事を両立する中で生まれたものだけに、共働き家庭を中心に爆発的な支持を集め、書籍化されたシリーズは最新刊までの累計で100万部を突破した。
 
同書はそんな「つくおき」をお弁当に応用したもので、実際に会社にお弁当を持参していたnozomiさんならではのアイデアが満載。献立の作り方から、弁当箱に詰めるときのポイント、調理のタイムスケジュールまでが丁寧に解説されている。
 
1週間分のお弁当のおかずを土日に作り置きしているnozomiさん。ただ漫然と晩ごはん兼用のおかずをまとめて作っているわけではなく、そこにはこれまでの「つくおき」生活から編み出されたルールがあるという。
 
そのルールが、どんなおかずをどのように詰めるか、それをパターン化してしまうこと。そうすれば日々のお弁当作りで迷うことがなくなり、多忙な毎日でも負担が少なくすむというわけだ。
 
「私の場合は おかず3品プラスごはん が基本。肉や魚を使ったメインのおかず1品と、野菜を使った副菜2品をローテーションでバランスよく詰めるようにしています。いろいろな形のお弁当箱を使ったことがありますが、形が違っても、詰め方をパターン化させているので、そのつど詰め方に悩むということはありませんね」(nozomiさん・以下同)
 
なるべく無理なく、1週間分作り置きをするための品数は、主菜が2〜3品、副菜が6〜7品、調理時間は90分が目安だそう。ごはんは多めに炊いて1食分ずつ冷凍しておくと手間が省ける。鍋やフライパン、電子レンジを並行して使いながら効率よく調理すれば、それほど苦にはならないという。
 
毎日お弁当を作っているとどうしても似たようなメニューになりがちだが、nozomiさんは「それでもよしとするのが じみべん のいいところです」という。見た目は茶色っぽいものが多くて地味だが、それを飽きさせないように工夫を凝らすのが じみべん のキモ。
 
そんな じみべん 作り置きメニュー中から、地味な見た目にひと味プラスの 変化球レシピ を紹介。
 
■「梅ポン鶏ももからあげ」梅干しとポン酢の酸味が好相性

今日の運勢

おひつじ座

全体運

メッセンジャー役を引受けると運気上昇。自分も、人からの紹介...もっと見る >