2018/12/25 08:45

ロメインレタスでO157が流行中。アメリカの一部でシーザーサラダが禁止に

※写真はイメージです
※写真はイメージです
 アメリカで今、シーザーサラダやサンドイッチを食べられない地域があるんです。その理由は、ロメインレタスによる食中毒の発生。腸管出血性大腸菌O157の感染で、アメリカの19の州で52人が、さらにカナダでも27人が食中毒になっているんです(※1)。

 このため、米疾病対策センターではロメインレタスの販売禁止と廃棄を促し、スーパーの野菜売場からはロメインレタスが消え、レストランでもロメインレタスを使ったメニューであるシーザーサラダが注文できない事態に陥っています。

◆ロメインレタスの食中毒はたびたび発生、死者も…!

 実はこのロメインレタスによるアメリカでの食中毒は今回が初めてのことではなく、過去にもたびたび起きているんです。昨年に一度、そして今年もすでに2度起きており、今年の春に起きたものは210人が発症、5人が亡くなり、過去に例のない最悪の事態となりました。

 現在アメリカで起きているロメインレタスの食中毒は、O157の感染が疑われる産地がカリフォルニアと判明。カリフォルニア以外の地域で収穫されたロメインレタスについては、安全に食べられると米食品医薬品局が発表しています。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

繊細な今日のあなた。詩を書いたり、絵を描いたり、芸術的活動...もっと見る >