2019/05/16 15:45

秋元康が絶賛する3500円のラーメンを食べて、思い知らされた10のこと

 秋元さん、ありがとう。

 ある日、某カルチャー誌のグルメ特集を読んでいて、目に留まった店がありました。それは、音楽プロデューサーの秋元康氏がオススメしていた「超高級ラーメン店」。恵比寿にある「すずらん」という中華そば屋で、ラーメンが1杯3000円以上なんだとか。

 そんな高額ラーメンを食べたことがなかった私は、居ても立ってもいられず、お店に直行。そしてそこには、想像以上の学び・気づき・感動があったのです。

 そこで今回は、3500円のラーメンを食べた後に実感した“衝撃的な気づき”を10ご紹介したいと思います。

◆①見た目が美しい食べ物は、おいしい

 今回注文したのは、「チャーシューワンタン麺3500円」。手作りのチャーシューと肉ワンタンがたっぷり乗った、一度で二度おいしい人気の1杯だそうです。そして出てきたのが、見るからにおいしそうなビジュアル。上質な材料で丁寧に作られた感が満載で、ため息が出るほどの美しさ。そして目が覚めるほどのおいしさでした。料理は“見た目”も大事と言いますが、あるレベルまで極めたビジュアルの料理は、絶対においしい。そう断言できそうです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自信を無くしがちだけど、思っているほど状況は悪くないはず。...もっと見る >