2019/08/04 15:46

カルディで人気のライスペーパーで、生春巻を綺麗につくるコツ3つ

 こんにちは。ビューティーフードアドバイザーの高木沙織です。

 やっと夏らしい暑さになりましたね。ファッションはもちろん夏仕様。食事の面でも、さっぱりと食べやすいものを選ぶようになってきているのではないでしょうか。しかし、「夏は食べられるものが限られて栄養が偏ってしまう」「食べる楽しみを感じにくい」なんて声も多く耳に入ってきます。

 そんなときは、野菜やシーフード、肉など好きなものを巻いて片手でパクッと食べられる生春巻きはいかがでしょうか?

◆生春巻き、作るの難しい問題

 米粉でできたライスペーパーで好きな具材を包み、巻いて食べるのがベトナム料理・生春巻きです。お店で食べてもよいのですが、暑い日は自宅で手作りをしてサクッと食事を済ませるのもよいでしょう。

 が、ここで浮上するのが「生春巻きって、作るの難しいよね」問題。ライスペーパーが破けてしまったり、具材がバラバラになってうまく巻けなかったり……。手間がかかると思われがち。実は、生春巻きが大好物で週1で作っている筆者も最初のうちはボロボロにしてしまい完成度がかなり低かったです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >