2017/08/26 17:00

福岡空港で味わう、天神で50年愛される「ビーフバター焼き」

以前からツイッターなどネット上で「ウマイ!」と呟かれているのを見かけ、気になっていた「ビーフバター焼き」。

福岡の老舗企業、風月フーズが手掛ける洋食店「グルメ風月」のオリジナルメニューで、約50年地元のビジネスマンの胃袋を満たし、愛され続けてきた。「天神ランチの決定版」ともいわれているこの一品、見た目はシンプルだけど、とってもおいしそう......!

どんな味なのか、出張で福岡に行ったJタウンネットの記者が実際に食べてみた。

初めてなのに、なぜか懐かしい味


基本のビーフバター焼き。ソースが飛び散らないよう、「肉らしか」と書かれたカバー付きで登場

「ビーフバター焼き」は、アツアツの鉄板の上にバターでソテーした牛肉の薄切りとスパゲティをのせたもの。そこに、野菜たっぷりの和風バーベキューソースをかける。

今回は天神にあるお店には、残念ながら足を運べなかったが、2017年1月にオープンした福岡空港内のフードコートにある「天神B.B.Quisine(ビー・ビー・キュイジーヌ)」でも食べられると知って、8月22日の出張帰りに立ち寄った。お店に近づくとさっそくお醤油がジューっと焦げるいい香りがしてきた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

感情のアップダウンが激しくなりそう。怒りのあまり八つ当たり...もっと見る >