2017/10/15 20:00

ふわふわ食感&砂糖のシャリシャリ!沖縄の菓子パン「うずまきパン」を食べてみた

沖縄県の菓子パン、「うずまきパン」をご存知だろうか。ふかふかのパン生地に甘いクリームをたっぷりと塗り、ロールケーキの様に巻いた品だ。特に発祥地である宮古島や伊良部島ではスーパーや町中の売店でも手に入るため、生活に溶け込んでいると言えるだろう。



――と、さらっと解説すると普通の菓子パンのような印象を与えるが、この品、最大の特徴はそのクリームの甘味の強さにある。一見すると単なるクリームに見えるが、実はサクサク、ジャリジャリとした食感が感じられるほどに大量の砂糖が投入されている。

今回手に入れたのは予約なしでは入手できない、切り分けられていないフルサイズ(税込み1400円)。沖縄出身のJタウンネット記者が、うずまきパン未経験の同僚に、その味わいの感想を聞いてみた。

クリーム内で砂糖が飽和状態


「でかうず巻」と「うずまきラスク」


iPhone7約2.5個分の長さ


直径はそれよりも小さめ


内部には甘いクリームがたっぷりと塗られている

このうずまきパンを食べた編集部員からは

今日の運勢

おひつじ座

全体運

不安から暴走してしまうかも。自分がダメだと思ったら、親しい...もっと見る >