2018/01/20 20:00

盛岡には「三大麺」がある! 盛岡冷麺、わんこそば、あと1つ知ってますか?

岩手県の県庁所在地、盛岡市。南部鉄器や漆器、地酒といったもののほか、「武士道」で知られる新渡戸稲造や、代表作「悲しき玩具」「一握の砂」で有名な詩人・石川啄木などを思い浮かべる人も多いだろう。

食でいえば、盛岡冷麺やわんこそばも有名だが、盛岡には「三大麺」があることで知られる。残りのもう一つはご存じだろうか。

じゃじゃ麺です!

じゃじゃ麺(Satoshi KINOKUNIさん撮影、Flickrより)

岩手県盛岡市の「三大麺」は、盛岡冷麺・わんこそば・じゃじゃ麺の3つだ。

まず、だれもが知る盛岡冷麺。その歴史は戦後にさかのぼり、1954年に朝鮮半島出身者が、故郷の冷麺に改良を加えて作ったのが最初とされる。小麦粉と片栗粉で作るコシのある半透明の麺が特徴的で、噛み切るのも難しい食べ応えで知られる。また、キムチの辛さなどが混ざった味わいも特徴的だ。

続いて、わんこそばだ。自分のお椀に蓋をするまで延々と給仕がそばを椀にぶち込んでくることで知られる。ローカル番組としては異例の人気を誇った「水曜どうでしょう」(北海道テレビ)では、わんこそばは「盛岡の機関銃」として紹介。俳優の大泉洋さんがうまく蓋をすることができず延々と食べ続け、結局105杯を食べきったという逸話もある。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

言葉でうまく表現できない時は、黙っていた方がよさそう。でも...もっと見る >