2018/03/06 11:00

沖縄なのに「いちご狩り」 宜野座村での新たな試み

沖縄県の食べ物、というとゴーヤ、シークァーサーなどを思い浮かべる人は少なくないだろう。

しかし、沖縄県の「いちご」と言われると、あまりイメージが無いのが実情だ。そんななか、沖縄県国頭郡の宜野座(ぎのざ)村ではいちご狩りを催すなど、いちごの栽培に力を入れている。


沖縄で、いちご?!(画像はイメージ)

2003年から栽培をスタート いちご狩りは好評

宜野座村役場の産業振興課の担当者は、2018年3月5日のJタウンネット編集部の取材に対し、

「いちごの栽培を始めたのは2003年からです。宜野座の農業後継者等育成センターでの話し合いの中で、沖縄に今ないものを作ってみようという趣旨でいちごの生育を行うことにしました」

という。当時としては沖縄県でも独特の取り組みだったというが、「ここ数年で糸満市なども同様の取り組みを行ったり、沖縄県でのいちご栽培の取り組みは広がりを見せています」と語っている。

生育における課題を聞くと、

今日の運勢

おひつじ座

全体運

エネルギッシュに行動するけど、無理をしすぎる傾向も。何事も...もっと見る >