2018/03/09 11:00

商品名は「さるかに合戦」「一休さん」「金太郎」 やま磯は、なぜ「ふりかけ」に昔話を名付けるのか

「広島といえばふりかけ」、かどうかは定かではないが、三島食品の「ゆかり」、田中食品の「旅行の友」と全国的にも知られているふりかけが多いのは確かだ。広島出身のJタウンネット記者も「ゆかり」「旅行の友」を食べていたが、実家に常備されていたのは「さるかに合戦」だった。

急に日本昔話の話題になったわけではなく、広島県広島市にある「やま磯」から販売されている「昔話しふりかけ」シリーズのひとつ。「さるかに合戦」のほかに、「一休さん」「金太郎」もある。気になるのは、なぜ昔話とふりかけという組み合わせなのかだ。


改めてみると臼はかなり容赦なく猿を殴っている

中身と名前の関係は...

「さるかに合戦」「一休さん」「金太郎」は名前が違うだけでなく、それぞれ内容が海苔ごま、海苔たま、かつおとなっており、ガラス瓶の容器に緑、黄、青の蓋が取りつけられている。


ふたの色はおおよそ中身に関係していると思われる(画像はやま磯商品紹介ページより)

昔話とふりかけの関係も謎だが、内容物と名前の関係にも興味が湧く。海苔たまの「一休さん」には、屏風からトラを出すイラストが描かれており、卵とトラの黄色をかけているように思えなくもない。だが、色つながりだとすると、「さるかに合戦」と「金太郎」はあてはまらなさそうだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やや身動きがとりにくい日。腰は重いのに、理屈ばかり並べてい...もっと見る >