2018/04/09 11:00

秋田県能代市にできた「ねぎ課」とは? 4月就任の「ねぎ課長」に聞いてみました

組織の中にはさまざまな部署があり、それぞれ担当する業務を示す名前がついている。地方自治体で特産品に関わる部署の場合、「生産振興」「産業振興」といった名前をよく見かける。

だが、秋田県内でも有数のねぎの産地で知られる能代市に、2018年度から新設された部署は「ねぎ課」だ。農業でも生産でも振興でもなく、「ねぎ」そのもの。わかりやすいうえに面白いネーミングのねぎ課とはどんな部署なのか。Jタウンネットは4月5日、能代市ねぎ課に取材を行い、課長の山田英さんから話を聞くことができた。


課員が全員ねぎとか......ではない(画像は一般的な長ねぎ)

課長の呼び名は「ねぎ課長」

能代市を管区とする「JAあきた白神」のサイトに掲載されている「農産物情報」によると、能代市でねぎの栽培が盛んになったのは1970年代から。夏ネギ、秋冬ネギ、雪中ネギと一年通して収穫ができるため、県内はもちろん県外にも販売している。

さらに2012年には、JAを通して流通するねぎを「白神ねぎ」として商標登録。首都圏などでのPRを積極的に行った結果、2015~6年には販売額が10億円を突破し、2017年度は14億円に到達したという。ちなみに、JAを介していないものは「能代ねぎ」として販売されている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何事もハッピー気分で楽しめる一日。ポジティブシンキングでい...もっと見る >