2018/04/11 06:00

富山県にはムスリムとベジタリアン向けのレストラン紹介サイトがある

ふと休日に浅草を歩いてみると、そこには数多くの外国人が歩いているのが目に留まる。いわゆる訪日外国人なのだろう、大きなカバンを持ちながら写真をパシャリ、頼まれてこちらもファインダーをのぞいてパシャリ。ほかにも道を聞かれることもあったりと、浅草では日本人と話すより外国人と話す機会の方が多いのではないかと思うほどだ。

「2020年までに4000万人の訪日外国人を」――人口減少が叫ばれる中、インバウンド需要の取り込みは観光産業上きわめて大きな課題となっている。その一方で、日本とは異なる文化を有する人々への配慮が必要になっているのもまた事実だ。

そんな中で富山県は独自の取り組みを行っている。それは、イスラム教徒(ムスリム)やベジタリアンのためのレストラン紹介サイトの運営だ。


ムスリムは豚肉厳禁......!(画像はイメージ)

礼拝の場所があるかないかまでアイコンで表示

富山県観光・交通・地域振興局観光振興室の担当者は、2018年4月9日のJタウンネット編集部の取材に対し、

今日の運勢

おひつじ座

全体運

コミュニケーション運好調。オモシロそうな人を見つけたら、明...もっと見る >