2018/04/12 06:00

魚沼産コシヒカリで、プリンを作る! 新潟県のお菓子屋さんが生んだ新スイーツ

新潟県の魚沼産コシヒカリは日本でも有数の、美味しいお米の1つだ。握り飯にするもよし、卵かけご飯でも良し......と、どういただいても申し分ない。

では、ここで一つ質問。プリンの中に、コシヒカリが入っていたら――? そんな思いにこたえる商品が登場した。

「新潟県の食材を活かしてアピールをしていきたい」

魚沼産コシヒカリを使ってプリンを作ったのは、スイーツ販売店「魚沼スイーツガーデンNATURA」だ。Jタウンネットは発売初日の2018年4月11日、その店長である富所順一郎(とみどころ・じゅんいちろう)さんに話を聞いてみた。

「プリンそのものは赤たまごを用いて作っている普通のプリンです。ただ、上にかかっているソースの部分にお米の粒が入っています。米粉を用いるメーカーは多いですが、米の粒を入れるのは珍しいかなと思いますね」

プリンの中に入っているとあり、お米も甘めに煮ているという。


上のソースの部分にお米の粒が入っている(画像はプレスリリースより)

「もともとは地産地消の取り組みとして魚沼産コシヒカリを使って、何かお菓子を作って新潟のものをアピールできないか、ということで製造に至りました。お米を使うことで商品に独自性が出て、店の売りにもなると考えています」

と説明してくれた。バウムクーヘンやクッキーなど、他の商品でも魚沼産コシヒカリを用いている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

目的が同じ仲間を集めて、グループ活動を始めてみよう。趣味の...もっと見る >