2018/05/05 08:00

知ってた? 滋賀県でも「草津メロン」がとれるんです

メロンと言えば、「夕張メロン」が有名だが、実は滋賀県には「草津メロン」なるものもあるという。

新しい商品か......と思いきや、なんと栽培は1982年からと、30年以上の歴史を有する。そんなにも長い歴史がありながら、恥ずかしながら記者は知らなかった。そこで2018年5月2日、Jタウンネット編集部はJA草津市の営農課担当者に取材した。


草津メロン(画像はプレスリリースより)

公立小学校の給食にも草津メロン

「草津市には、近畿圏で最大のビニールハウス群があります。昔からそこで京都で漬物にする野菜の生産が盛んだったのですが、少しずつ気温が上がってくる中で、暑い時期にもビニールハウスを活用できる方法として、メロンなどを生産しようという話になったのが30年ほど前でした」

と、メロンの生産は当初、副次的に始まったものであると明かした。

現在は認知度向上に取り組み始めているといい、

「草津メロンは、草津市の方で『草津ブランド』に認定をいただきまして、今後少しずつ認知度を高めていければと思います。他にも、大手百貨店での販売を推進したりと、様々な方策は考えています」

と語る。草津市のふるさと寄付の返礼品(限定200個)になっており、これも認知度向上に寄与するのではと担当者は続ける。

草津メロンは、JA草津が栽培、検査、出荷、販売にわたり一貫して管理をしており、全国でもトップレベルの糖度を誇る。草津市内の公立小学校では学校給食にも提供されるほか、贈答品として送られることも多く、全国からは2万件を超える反響があるほど。

販売期間は6月中旬から7月中旬ごろまで。JA草津市の野菜センターや農畜産物交流センターで購入が可能になっている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

プライベート運が好調。ホームパーティーを開いて仲間を招くと...もっと見る >