2018/05/09 20:00

ライスボールではなく「ONIGIRI」 南魚沼市がローマ字表記で海外発信する理由

日本人の魂、お米。そこに梅干しやたらこ、鮭、昆布、おかか......様々な具を入れて、ギュッと手で握れば、あらカンタン、おにぎりが出来上がる。それをガブリと頬張ると、少し塩気のある米の中から具が現れ、思わずこぼれる「美味しい」の一言......。

米の名産地の1つとして知られる新潟県の南魚沼市と、市内にある国際大学はそんな「おにぎり」に関するイベントを2018年5月12日に開催する。その名も「国際握飯祭International "ONIGIRI" Festival」だが、国際的なイベントでありながらもおにぎりの呼称はRiceball(ライスボール)ではなく、「ONIGIRI(オニギリ)」と、日本名全開のものとなっている。一体なぜなのだろうか。

「ONIGIRIを世界共通語にできればと...」

この点について、Jタウンネット編集部が5月9日に南魚沼市産業振興部農林課農業振興係の担当者に取材したところ、

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ロマンチックな気分の日。恋愛映画をみたり、音楽に浸って過ご...もっと見る >