2018/05/16 18:00

たばこ? いいえ日本茶です タバコ風な見た目の「チャバコ」、その味は

平日の15時頃。仕事の休憩をしようと、さぁ一服――。

胸ポケットにはタバコのような箱。だがこれはタバコではない。静岡産日本茶の商品開発・販売を手掛けるショータイムから発売されている、粉末茶「チャバコ」だ。

紙巻きタバコを思わせるデザインのスティックから、緑色の粉末が水の入ったコップへと注がれる。一口飲むと、味わい深く飲みやすい。Jタウンネット編集部は、同社代表取締役の森川翔太さん(34)に2018年5月15日、話を聞いた。

お茶だけにタバコを「茶化」してみた


さて、一服するか...(筆者撮影、以下同)

ショータイムより発売されている「チャバコ」は、1グラム×8袋入りで500円(税込)。深蒸茶、ほうじ茶、玄米茶、有機煎茶(オーガニック)の4種類が発売されている。

2017年2月頃からネット通販でのみ取り扱っていたが、18年1月からは自動販売機や店舗などで発売が開始された。

5月13日にはパッケージのデザインが変更。リニューアルした理由について、森川さんは次のように話す。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何事もハッピー気分で楽しめる一日。ポジティブシンキングでい...もっと見る >