2018/05/28 08:00

横浜市の「ハマ弁」ってなんだ!? 中学校向けの弁当、その狙いと展望は

日本全国、学校を眺めてみると、給食のある学校もあれば弁当を持参する学校もあったり、はたまた弁当の宅配をしてくれる学校もあるなど、その扱いは様々だ。

神奈川県横浜市では、中学校向けに「ハマ弁(横浜型配達弁当)」なる弁当がある。一体、どういうものなのだろうか。


「ハマ弁」とは何ぞや(「ハマ弁」の紹介動画より)

ごはんとおかず、汁物・牛乳で340円

横浜市の市立中学校では、業者の弁当と家庭の弁当のほかに、市教育委員会が運営する配達弁当事業「ハマ弁」がある。2016年7月1日から一部の学校で、17年1月から横浜市内の全市立中学校で始まったものだ。

ハマ弁は、ご飯の量(大盛り・中盛り・小盛り)のほか、メインのおかずを肉中心のAと魚中心のBの2種類から選ぶことが出来る。加えて、温かい状態でご飯と汁物が提供されるのも特徴で、教育委員会の栄養士による管理のもと、栄養バランスに配慮された献立が用意されている。「ハマ弁」の公式サイトでは、毎日の献立の確認ができる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

目的が同じ仲間を集めて、グループ活動を始めてみよう。趣味の...もっと見る >