2018/05/29 20:00

「メロン」といえばどーこだ! 収穫量1位は「夕張メロン」の北海道!でなくて......?

「メロンのブランド」と言われて浮かぶのは、「夕張メロン」や、「ふらのメロン」、「とままえメロン」......と、北海道のイメージが強くあるだろう。

そのためか、メロンの収穫量も北海道がトップ、と思っている人も少なくないかもしれないが、実は1位に君臨しているのは、まさかまさかの――茨城県なのである!


メロンと言えば茨城!とならないのが悲しい(画像はイバラキング・茨城県提供)

なぜこうも知名度が低いのかを聞いてみた

農林水産省による2016年の作物統計調査を見ると、メロンの収穫量について、ランキングは以下のようになっている。

1位 茨城県 4万1600トン
2位 北海道 2万4700トン
3位 熊本県 2万1600トン
4位 山形県 1万1000トン
5位 青森県 1万400トン

メロンと言われてピンとくるのが北海道。メロン型のドームで知られる道の駅「七城メロンドーム」を擁する熊本県も思い浮かぶ。

これら道県に比べて、2倍弱の生産量を誇っている茨城県。茨城県の公式サイトを見ると、オリジナル品種の「イバラキング」や「アンデスメロン」、赤肉の「クインシーメロン」など、様々な品種のメロンを生産していることがわかる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

突飛な行動をとってしまいそうな日。場をわきまえないと、変な...もっと見る >