2018/06/09 20:00

あなたはレア派? 全国の「生銘菓」を分類・調査してみた

このところ八ツ橋が何かと話題になっているようだが、皆さんは「お土産に八ツ橋を買ってきたよ」と言われたら、どんなお菓子を想像するだろうか。「阿闍梨餅のほうが好きだ」みたいなお土産論争をしたいわけではない。

筝形(湾曲した長方形)の焼き菓子より、餡を入れ三角形に折り畳まれた「生八ツ橋」を思い浮かべる人が結構多いのではないだろうか。こうしたもともとあった銘菓が「生」化した、いわば「生銘菓(生菓子とは違う)」はよく耳にする。こうした「生食」になった銘菓、どんなものがあるのだろうか。例によってざっくりと調べてみた。

思った以上に生化が進んでいるぞ

生銘菓と言っても、この「生」の指す意味はいろいろあるようだ。まず、文字通りの「生」のもの。前述の生八ツ橋も蒸してはいるものの、本来は焼いていた八ツ橋を焼かずに食しているわけで、本当の意味で生食をしていると見なせるだろう。極端な話、焼けば通常版の銘菓に戻るタイプとも言える。「レア」タイプとしておこう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

目的が同じ仲間を集めて、グループ活動を始めてみよう。趣味の...もっと見る >