2018/06/24 11:00

納豆支出額トップが「水戸市」じゃなくて「福島市」な理由は...

納豆の支出額が日本で一番多い都市は、納豆で有名な茨城県――ではなく、福島県にあった。

総務省統計局が2015年~2017年の3年間で行った家計調査(2人以上の世帯)によると、福島市が納豆平均支出額で全国1位だった。水戸市は、盛岡市、前橋市に次いで4位。Jタウンネットでは、なぜ福島市が全国1位なのか、理由を探った。

「なんで今日納豆ないの?」

jim212jimさん撮影、Flickrより

納豆と聞いて一般的に思いつく有名産地は茨城県だろう。納豆をモチーフにした茨城県非公認キャラの「ねば~る君」、おかめ納豆を製造するタカノフーズ(小美玉市)あたりが有名だ。

今回の家計調査は、都道府県庁所在市および政令指定都市が対象となっている。

納豆の全国平均額は3808円、水戸市は5434円、そして福島市が6092円だった。調査を行った総務省統計局は「この家計調査は品目が多く、1つ1つ分析までは出来ていません」としながらも、「福島市が1位なのは、確かに意外な感じはしますね」と首をかしげる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自分の中の矛盾に葛藤しやすい日。考えすぎて疲れてしまいそう...もっと見る >