2018/11/24 17:00

何でも辛口!京都の「激辛商店街」 和菓子におみくじ、クリーニング屋まで

激辛担担麺(麒麟園)尼辛麺バトルスタンプラリー参加メニュー
激辛担担麺(麒麟園)尼辛麺バトルスタンプラリー参加メニュー

京都府向日(むこう)市は京都市南区に隣接する、人口約5万人の小さな市だ。JR京都駅からもさほど離れていない。ここに「京都向日市激辛商店街」があると聞いた。

「激辛商店街」とは何だろう? なにやら美味しそうな匂い、おもしろそうな気配を感じたJタウンネット編集部は、商店街事務局に取材することにした。

「辛い」のは料理だけじゃない


2018年11月22日、電話取材に応じてくれたのは、激辛商店街事務局の清水幹央さんだ。

「激辛商店街がスタートしたのは09年、苦節9年になります」と、清水さんは笑いながら答えてくれた。「きっかけは、近くに大きなショッピングモールができると聞いたことでした。向日市内の既存の商店や飲食店は大変なショックを受け、危機感を抱いたのです。なんとかしなくては......、さまざまな紆余曲折を経てたどり着いたのが、激辛商店街というわけです」。

「ふつう商店街というと、通りの両側に店が並んでいるイメージを持たれるかと思いますが、激辛商店街は市内に点在しています。つまり、仮想の商店街、バーチャル商店街なのです」

現在の加盟店は70店舗を超えるという。しかも業種は問わない。意外にも清水さんの仕事はクリーニング店、辛いものを食べて付いてしまった「シミ抜き」を売り物にしている。他にも由緒ある歴史を誇る向日神社も参加し、凶どころか大凶、大大凶が出る「辛口おみくじ」を提供している。さらには、和菓子店の篁(たかむら)庵には、「激辛羽二重餅」という辛口スイーツも。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

日頃のストレスが出やすい日。今日はマッサージなどで身体を休...もっと見る >