2018/12/21 11:00

衝撃のおいしさ「手づくり最中」 皮は超パリパリ、あんこの量も自由自在

初体験「手づくり最中」
初体験「手づくり最中」

パリッとした皮に上品で滑らかなあんこ――。和菓子において最高峰の組み合わせ「最中」だ。しかし、工場などで生産され、私たちの手元に届くころには水分で皮が少し萎れてしまう場合もある。


あんの上質さだけでなく皮の風味も味わえる。そんな商品を大阪・高麗橋の和菓子店「菊屋」が販売している。「菊あわせ」と名付けられたこのお菓子は、自分であんを皮に詰めるというもの。DIY精神あふれる商品だが、食べてみると驚きの連続であった。

耳も美味しさ味わえる

菊屋は大阪メトロ北浜駅から出てすぐ。歴史ある高麗橋エリアの老舗だ。奈良・大和郡山市の「本家菊屋」にルーツを持ち、昭和になって独立別家という形で伝統を受け継いでいる。

今回編集部が食べたのは「菊あわせ」という品。これは高麗橋菊屋が発祥のお菓子で、昭和天皇と高松宮宣仁親王から御嘉納の「菊紋」を下賜された皇室御用達の品だという。

あまりに重厚なエピソードがあるため、「Jタウンネットで取り上げて大丈夫なの?」と筆者が心配してしまった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何かとガマンすることの多い日。ストレスがたまりそうだけれど...もっと見る >