2019/01/17 11:00

激辛カレーの元祖「ボルツ」のいま ブームから30年...都内唯一の店舗を訪れた

インドカレー チキンと玉子
インドカレー チキンと玉子

今から30年ほど前、日本では激辛ブームが起きていた。1986年に煎餅店神田淡平の「激辛」が新語・流行語大賞の銀賞に選ばれるなど、当時の人々は辛さを求めていた。


1973年に産声を上げたカレーハウス「ボルツ」も、辛さを段階で選べるシステムで人気を博し、全国各地に数多くの店舗を展開していた。あれから30年―― すっかり街では見かけなくなったが、東京・神田錦町に今でも営業する店舗を発見。そこにはボルツと共に年月を歩んだ店長の「東京物語」があった。

カレーと癒しの空間で

2019年1月15日現在、激辛ブーム時には代表的だった渋谷と新宿の店舗はない。昔行っていたが、今はその存在を覚えていない。そんな人も多いのではないか。

1月11日、筆者は東京メトロ神保町駅から歩いて数分のボルツ神田店に足を運んだ。

ボルツ神田店の外観
ボルツ神田店の外観

入居しているビルが工事中のため少し見えにくいが、ボルツの看板は健在だ。

店外を撮影していると男性に話しかけられた。「ああ取材の人? 中でちょっと待っててください」―― この優しい男性は店長の倉田茂樹さんだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

優しさにあふれた今日のあなた。弱者に対する深い思いやりがあ...もっと見る >