2019/04/12 20:00

諭吉デザイン「壱万円札せんべい」、新紙幣決定でどうなる!? 社長に直撃取材したら...

受け取った相手の反応が楽しみな「壱万円札 お札せんべい」(画像提供:渓月堂)
受け取った相手の反応が楽しみな「壱万円札 お札せんべい」(画像提供:渓月堂)

2019年4月9日、1万円札などの紙幣(日本銀行券)のデザイン刷新が発表され、話題となっている。

ところで現在の1万円札の肖像・福沢諭吉の出身地を、ご存じだろうか。そう、大分県中津市だ。ここに、福沢を図案化した「壱万円札 お札せんべい」がある。こちらの写真がそれだ。地元では相当に有名なお菓子で、お土産品として人気があるらしい。

「受け取ると、ちょっとドキドキ」「ウケること間違いなし」などと、大好評だ。だがここへきて、心配する声が上がっている。新紙幣の導入を受けて、「壱万円札 お札せんべい」はいったいどうなるのだろう?

 

そこでJタウンネット編集部は詳しい話を聞いてみることにした。

今まではブレーキ踏みながら、これからは......?

少ないけど取っといて...、言ってみたい(画像提供:渓月堂)
少ないけど取っといて...、言ってみたい(画像提供:渓月堂)

 

中津市に本社を置く和菓子店「渓月堂」の田中秀雄社長が、電話で答えてくれた。

「渓月堂の創業は約70年前、耶馬溪の干し柿を使用した巻柿の生産を始めたことがきっかけでした。柿羊羹など製造するお菓子の種類も増えていき、やがて念願の小売店をオープンしました。柿を中心とした和菓子の店というのが、渓月堂のコンセプトなのです」と田中社長は語る。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

考えすぎて神経質になってしまいそう。周囲の影響にも敏感なの...もっと見る >