2019/07/14 12:00

もうカマボコとは呼ばせない! さらなる進化を遂げた「ほぼうなぎ」を食べてみた

加熱したばかりの「ほぼうなぎ」(写真はJタウンネット編集部撮影、以下同)
加熱したばかりの「ほぼうなぎ」(写真はJタウンネット編集部撮影、以下同)

土用の丑の日、今年は何日か、ご存じだろうか。たしか、7月の下旬だったような...。2017年は7月25日、2018年は7月20日だった。毎年、微妙に違うので、正確には分からない、という人が多いだろう。

2019年、今年の土用の丑の日は、7月27日だ。そろそろだなと思いつつ、ネット検索をしていたら、「ほぼうなぎ」というワードが目にとまった。

「ほぼうなぎ」とは何だ? 調べてみると、神戸市にあるカネテツデリカフーズから販売されている、うなぎの蒲焼を再現したかまぼこらしい。いったいどんなものだろう?

 

Jタウンネット編集部はさっそく神戸に電話して、「編集部で試食してみたいのですが......」と依頼してみた。すると早速「すぐにお送りしましょう」という返事、反応が早い。そして、「ほぼうなぎ」が東京の編集部に届いたのは、7月9日のことだった。

「思ったより、うなぎじゃないですか」


パッケージを開けると、冷凍の状態で届けられた「ほぼうなぎ」(150グラム)が5個入っていた。皿にのせてラップをかけ、電子レンジで加熱した。加熱したばかりのホッカホカの「ほぼうなぎ」をご飯の上に置いてみた(写真上)。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自分の中の矛盾に葛藤しやすい日。考えすぎて疲れてしまいそう...もっと見る >