2018/09/19 12:00

腸活に役立つ「ご飯」とは?美味しい「もち麦」のひみつ

「腸活のために食べるべきは、納豆! ヨーグルト! 野菜!」「糖質の多いご飯や甘いものはダメ!」と我慢していませんか?

もちろん、腸活のためには発酵食品と食物繊維が欠かせないのですが、腸活に役立つご飯もあります。それは「もち麦」です。

■もち麦とは?

もち麦は、大麦の仲間です。お米にうるち米ともち米があるように、大麦にもうるち種ともち種があり、もち麦はもち種の大麦です。そのため、モチモチ、ねっとりとした食感があり、雑穀特有のばさばさ感が少なく、食べやすいのが特徴です。

■もち麦が腸活に役立つ理由

もち麦の魅力は、なんといっても豊富な食物繊維です。白米の約20倍、玄米の約3倍の食物繊維が含まれています。

その食物繊維のうちの半分以上が、善玉菌のエサとなる「水溶性食物繊維」です。

玄米や、ヒエ、アワなど、雑穀は食物繊維が豊富ですが、ほとんどが不溶性食物繊維です。水溶性食物繊維を多く含む雑穀はもち麦だけです。

水溶性食物繊維は、善玉菌のエサとなって分解されます。その際に産生される短鎖脂肪酸には、脂肪の蓄積をストップする、食欲に関わるホルモンの分泌をコントロールする、交感神経を刺激して脂肪の燃焼をうながす、などの総合的な肥満の予防効果が期待されています。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱいで過ごせるラッキーデー。積極的にいこう。今日始...もっと見る >