2018/11/10 12:00

冷えとりに“生”はNG!?「ショウガ」の賢い使い方

最近は、冷え込むことが多くなり、手足が冷たくなる人が増えてきますよね。

冷えとりに良い食材といえば「ショウガ」ですが、生のまま食べる時もあれば加熱して使う時もあり、乾燥したものを使用することもあります。実は、生・加熱・乾燥、それぞれで優位になる成分が違います。

ベジ活アドバイザーの筆者が、冷えとりにおすすめの「ショウガの使い方」をご紹介します。

■加熱することであたたかパワーが増える!?

ショウガの主な辛味成分は「ジンゲロール」と「ショウガオール」の2つといわれています。最初のピリッとした辛さが「ジンゲロール」で、後からぽかぽかくる辛さが「ショウガオール」です。

ショウガオールは熱をつくり、身体の中から温める働きがあると考えられています。ショウガを加熱することで、ジンゲロールの一部がショウガオールに変化します。

身体を内側から温めたい時は「加熱」がおすすめ

生の生姜に1番多く含まれているのはジンゲロールという成分で、ショウガオールはほとんど含まれていないのだそうです。なので、内側から身体をあたためたい時は、加熱した方が良いですね。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

現実離れした言動をしがちな今日のあなた。プライベートと仕事...もっと見る >