2019/01/26 12:00

夜よりも朝がおすすめ!果物を食べる時に気をつけること2つ

調理による損失を気にすることなくビタミンやミネラルをとることができる「果物」をお好きな人は多いと思います。女性には嬉しい抗酸化作用が高いものも多い反面、「甘さ」が気になりますよね。

果物の栄養はしっかりと享受しながらも太らないことがベストですが、一体どうしたらいいのでしょうか。

ベジ活アドバイザーの筆者が、果物を食べる時に気をつけたいことを2つご紹介します。果物を嫌厭されている人は食べ方を見直してみると良いのかもしれませんね。

■果物の目標量と栄養

厚生労働省・農林水産省が作成した「食事バランスガイド」では果物の1日の目標量を200gとしていますが、現状では不足している人が6割以上といわれています。特に、摂取量が少ないのが20~40歳代なのだそうです。

果物には「ビタミン」や「ミネラル」のほか、「食物繊維」なども多く含まれています。「ポリフェノール」や「カロテン」などの抗酸化物質も含むため、老化の一因ともいわれる活性酸素を除去して酸化の働きを抑制する働きがあります。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人当たりはとてもいいが、こうと決めたら絶対やり抜く意志があ...もっと見る >