2019/03/16 12:00

春の肌不調を救う!?ほろ苦がクセになる「菜の花のレシピ」

「季節の変わり目で、体調不良や肌の調子が悪い」なんて人も多いですよね。そんな時には、抗酸化作用が高くアンチエイジング効果も期待できる「菜の花」がおすすめです。

ベジ活アドバイザーの筆者が、嬉しい効果がいっぱい「菜の花の美味しい活用法」を3つご紹介します。

■抗酸化作用の高い「菜の花」

菜の花は、抗酸化作用が高いことで知られる「ビタミンA」「ビタミンC」「ビタミンE」を豊富に含みます。「βーカロテン」はピーマンの5倍、「ビタミンC」にいたってもホウレンソウの3倍と、含有量の高さがわかります。

「βーカロテン」は体内で必要に応じて「ビタミンA」に変換され、皮膚・粘膜の免疫力を向上させる働きをもちます。季節の変わり目には、特にとりたいですね。

■菜の花の美味しい活用法2選

(1)菜の花のペペロンチーノ

パスタとの相性がいい菜の花は、旬の「ホタルイカ」と組み合わせてペペロンチーノにすると美味しいですよ。

「βーカロテン」は、油と組み合わせると吸収率が高まる特性があります。栄養的にもおすすめの組み合わせなので、お試しください。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家で好きなことに没頭しよう。ペットと遊べば時間を忘れそう。...もっと見る >